まとめ

読み聞かせは2歳頃から楽しく毎晩継続 → 小2まで継続中遊んでいるおもちゃはこちら
〔年中〕自由保育の幼稚園、プレーパークデビュー、キャンプ、スキーなど、外遊びたくさん
〔年長〕秋からどんぐり開始、環境設定(毎日外遊び、テレビ・読書・宿題制限、ゲーム厳禁、小言命令強制なし)
〔小1〕公立小学校、どんぐり本の読み聞かせ継続中、2017.6全小統2科目偏差値65  11月全小統2科目偏差値70オーバー
〔小2〕遊んでいるおもちゃどんぐり本の読み聞かせ継続中、読書、トップクラス国語3年生 2018.6全小統偏差値60 11全小統偏差値65

●小学生では絶対にやらない学習方法
 ・大量、反復、高速、徹底の学習(計算、漢字の書き取り、音読)← 感味力、読解力、思考力(視考力)育成に有害なので
 ・ならいごとをたくさん、毎日外遊びなし、週に1日のノー勉強デーなし ← 子供をおなか一杯にしない、自発的な工夫ややる気の芽をつまない
 ・英語、コンピュータ教育、先取り学習 ← 学年の国語、算数の深い学習、外遊びだけでも全く時間がたりませんから




2017年9月27日水曜日

2017年11月25日 糸山先生 東京講演会


すてきな糸山先生の東京講演会のHPがありますね。


夫婦のどちらかが先行してどんぐりを知って、取り組むケースは

多いと思います。


教育は、家族で取り組んだ方がいいものなので、相方にもどんぐりを

よく知ってもらった方がいいわけなんですが、手段には意外と困ります。

HPも敷居が高いですし(知りたい人には最適のHPなんですけど)、

本(絶対学力)も読まない人は読まないんですよね。





ということで、一番いいのは、自分の理解を深めることも含めて講演会じゃないでしょうか?


うちの奥さんも参加して、どんぐりへの理解が少しはすすみましたかね。

それまでは宿題を厳選してなんて言ったら、

「何を言ってるの? 宿題くらいできなくてどうするの?」

なんて反応でしたからね。

まだ道のりは遠そうですが、夫婦で話し合うことに意味がありますからね。


ぜひ夫婦で、講演会への参加をどうぞ。


2017年8月のどんぐりの講演会のもようはこちらからどうぞ





よければランキングをクリックください。

にほんブログ村 小学校低学年の子(1、2、3年生)

0 件のコメント:

コメントを投稿