まとめ

読み聞かせは2歳頃から楽しく毎晩継続 → 小2まで継続遊んでいるおもちゃはこちら
〔年中〕自由保育の幼稚園、プレーパークデビュー、キャンプ、スキーなど、外遊びたくさん
〔年長〕秋からどんぐり開始、環境設定(毎日外遊び、テレビ・読書・宿題制限、ゲーム厳禁、小言命令強制なし)
〔小1〕公立小学校、どんぐり本の読み聞かせ継続中、2017.6全小統2科目偏差値65  11月全小統2科目偏差値70オーバー
〔小2〕遊んでいるおもちゃどんぐり本の読み聞かせ継続中、読書、トップクラス国語3年生 2018.6全小統偏差値60 11全小統偏差値65
〔小3〕どんぐり、トップクラス国語4年生 2019.6全小統偏差値60 11全小統偏差値60
〔小4〕どんぐり、はじめまして数学  コロナでテストを受けてません
〔小5〕どんぐり、はじめまして物理 そろそろリモートで受けてみましょうか

●小学生では絶対にやらない学習方法
 ・大量、反復、高速、徹底の学習(計算、漢字の書き取り、音読)← 感味力、読解力、思考力(視考力)育成に有害なので
 ・ならいごとをたくさん、毎日外遊びなし、週に1日のノー勉強デーなし ← 子供をおなか一杯にしない、自発的な工夫ややる気の芽をつまない
 ・英語、コンピュータ教育、先取り学習 ← 学年の国語、算数の深い学習、友達との外遊びだけでも全く時間がたりませんから

2021年6月16日水曜日

1953 小学生の時に親が果たす決定的な役割


小学生以下で、親の果たす役割は非常に大きいものがあります。

中学生、高校生、それより大きくなっても親は親ですが、

子供の中での位置づけが全く違うレベルのものです。


極端に言えば、子供が小学生の時にしっかりかかわりあえなかったら、

はっきりいって、一生親になることは不可能だといってもいいです。

もちろんこれは言い過ぎかもしれませんが、

受け取る子供側のことを考えたら

そうなんですから、言い切るしかありません。


子供が親からの情報をうけとることができる唯一の期間の

小学生を逃したら、親は他に機会はないと思ったほうがいいです。

未就学じゃ、親からの情報を十分に受け取れないし、

中学生以降では反抗期もありますし、友達なんかの影響が大きくて

親がかかわれることはほとんどないのが実情です。



だから、まずは小学生時代に子供とかかわる時間を十分に

確保する必要があります。

それがないと、子供を育てたことがないまま、つまり親じゃないまま

一生を終えることになります。

もちろん時間を確保した後に、その確保した時間で

どう子供とかかわって、どういったことを子供に伝えてと

いう部分はあるわけですが、いずれも時間がかかることなので

最初の時間の確保ができていなければ、やっぱり親ではないって

ことです。


あなたは、親になる覚悟ができていますか?

とくに父親で、子供が小学生の時にこの覚悟ができていない人が

たくさんいます。

まずはそばにいる時間をずっと増やしてみましょう。

子供はすぐに大きくなっちゃいますよ。



よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年6月9日水曜日

1952 なぜ学習を楽しみながらできるのか?



どんぐりKは5年生になった今でも楽しそうにどんぐり問題に取り組みます。

もちろんおやつというかデザートを食べて、飲み物を飲みながら

のんびり取り組みます。アイスとかするめとか日によっていろんなものを

美味しそうに食べています。

もう問題を親は読みません。自分で読んで絵を描いて、問題を裏返して

そのまま取り組みます。親は横で違う問題を解くこともありますし、

同じ問題をどんぐりKに見えないようにこっそり解くこともありますね。

どんぐりKは今でも色鉛筆をつかって、楽しそうに絵を描きます。

そしてひっ算をして答えを出し、最後に式を書くなんて具合ですかね。


なぜどんぐりKは楽しそうにどんぐりの問題に取り組めるのか?

なぜどんぐりKは色鉛筆をつかって問題を解くのか?

なぜどんぐりKはねばりづよく問題を解くまで自分一人の力で

取り組めるのか?


年長から、そういう環境でずっと問題を解いてきたからとしか

言いようがありません。

何年にもわたって、家庭でそういう学習習慣をつけてきたわけです。

というかそれ以外の学習を知らないとも言えますね。


もちろん宿題も制限して、簡単な問題を早く正確にとにかく処理するような

学習習慣は避けてきましたし、公式を覚えてとやかくなんて考えたことも

ありません。それは算数でも数学でもない、単なる作業や処理です。


年長から親が楽しそうに問題を解いている後姿をずっと見せてきました。

その積み重ねが今につながっているわけで、だからこそ学習を始める段階が

一番重要だと何年も前からさんざん言ってきたわけです。

小学校の高学年ともなれば、子供の学習姿勢をみればほとんどのことは

わかります。



よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年6月2日水曜日

1951 定見のない子育て

周りの子が電子ゲームを持っていて、自分の子供が持っていないのは

かわいそうだから、電子ゲームを買ってあげる。


周りの子がYoutubeをみていて、自分の子供が見ていないのは

かわいそうだから、Youtubeをみせてあげる。


周りの子が塾に通っているから、自分の子供も塾に通わせる。


子供が小学生なのか、中学生なのか、本人と日ごろからどんな話し合いを

しているのかといったことはありますが、周りがやっているからなんて

子育てをしてもしょうがありません。


子供の世界に登場して、子供が大きな影響を受けそうなものについては

親は自分なりの定見を持っておく必要があります。

そして子供の年齢に応じて、その定見を

根気強く伝えていくことになるんでしょうね。


携帯も、電子ゲームも、Youtubeも、塾も、

親がわざわざ子供に与えるものですから

自分が自分の子供に何を与えているのか、しっかり把握したうえで、

与えるかどうか、与えた後のルール、そういったものと

どう付き合っていけばいいか、

子供と話し合いをつづけていくことが大事なんでしょうね。


そういったことを踏まえても小学校の低学年で、

いずれを子供に与えることも賛成できる理由はありません。

友達と外遊びをする方がずっといいからです。

その環境を作れるようにこそ、親は力を尽くすべきです。






よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年5月26日水曜日

1950 資格商法


子供の資格に意味はありません。

資格って言うのは、それで食べていけるものだけに意味があって

それ以外のものには意味はないんですよ。

もっと正確にいえば、資格があったって食べていけなかったりするのが

ありがちなことですけどね。


本人の自信に、なんて笑わせるにもほどがあります。

資格で担保される自信なんて、資格に落ちたら失われるような

なんの意味もない自信なんですよ。

必要なのは毎日の生活や遊びの中で一つ一つの行動で裏付けられた

自信であって、なにをやっても、どうやっても自分は最後は楽しく

やりとげることができるってなものです。

安易な資格の合格で自信が培われて、自己肯定感が高まるなら、

なんであんなに高学歴の人たちは、自信もなければ、自己肯定感が

低いんですか?


とにかく、資格のアフェリエイトでもしてるんじゃなければ

特に子供向けの資格なんてばかばかしいものに目を向けるのは

やめなさい。


親が自分の子供の実力を見れていない証拠にすらなります。

そんなものがなくても自分の子供の実力は十分にわかるでしょう。

グリットとかそういった力の方がはるかに重要です。

資格で測れるような力は、しょせんそれなりの力だけです。


それでもないよりましでしょう、なんて言われる方もいるんですが

子供の資格に関しては、それに費やされる時間と労力を考えると

ないほうがましです。

もちろん大人は趣味なり実益で好きなだけ好きな資格をとればいいんですよ。






よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年5月19日水曜日

1949 できる問題ばかりをやっていてもしょうがありません


どんぐり問題で一番のハイライトは、わからん帳ですが、

もうひとつ、かなりの余裕がある状態を作らないと難しいですが、

自分から、できそうもない問題に取り組みだすときです。


できない理由はいろいろですが、そもそもその単元をならっていない

なんてことが、小学校の算数では十分ありえますね。

分数を知らないのに、分数の問題に取り組むなんてことです。

まぁ未就学の子供でも分数の概念はわかるわけですから、

絵をもとに試行錯誤してもらうだけです。

はてしないクロッキー帳の追加のすえに、部分的に正しい考え方も

ありながら、続きを2,3回繰り返して、わからん帳に入る、

そのプロセスが、どんぐり問題なんだなと思います。


単元を教わって、その理解した単元の内容をなぞるのが

小学校の算数だとは思いません。小学校の算数は、それまでに

子供に十分な体験をさせていれば、十分子供が自分で絵で考えられる

ものなんですよ。

親は子供が何と言ってこようが、絵で考えればわかるよ、とあたたかく

返してあげるだけです。


そんな試行錯誤が月に一回もあれば、十分です。

その試行錯誤ができることが限りなく大事なことです。


そういった意味では、どんぐり問題の学年の問題のコンプリートが

できていないのも結構問題と言えなくもないです。

難しい問題を放置していたら、結局何の意味もないですから。


その学年の問題をどうコンプリートするかは、その子供の今までの

取り組みと今後の計画をふくめて、難しい問題ですけどね。

年長から着実にとりくんでいれば、時間はどれだけでもあるわけですから

そういった心配が一切無用なところがいいところです。

高学年になってあわててみてもどうしようもないですから。


よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年5月12日水曜日

1948 高学年


年長から継続的に学習を進めてきましたが、とうとう高学年まで至りました。

もちろんどんぐりは、ゆっくり、じっくり、ていねいに続けていますが、

絵、式、ひっ算、答えがそろうのはもちろんとして、問題も自分で

読むようにしてもらいました。

別に何の支障もなく、問題を自分で読んで取り組んでいます。

年長や低学年であまり意味のないことでとやかく悩んでもしょうがないですね。

高学年になれば自然にできることがほとんどですから。


一方でどんぐり以外の学習にも拡がりがでてきています。

学校の宿題には自由学習などがありますが、自分で歴史のテーマを

きめてどんどん文章を書き連ねています。自分で書きたい文章のために

漢和辞典などを調べて、適切な漢字を覚えて書いたりしているのも

いいことですね。何年生の漢字なんてことに拘ってもどうしようもないことですから。


毎日の遊びもすっかりプレーパークで定着して、日が長くなった最近では

ほぼ毎日18時くらいまで楽しく友達と外遊びをしています。

土日も一日中プレーパークの日が多いですね。

だんだん家族から友達へと子供の中心はシフトしていきますから。


こういった環境があるなら、無理に中学受験などをする必要は全くありませんし

本人もそういった気はなさそうですね。

本人と相談しながら「はじめまして数学」の次は、

「はじめまして物理」あたりに取り組んでいます。


学習はこうやって、少しづつ、着実に、分散してすすめていくものですね。




どんぐり問題もそうですが、自由学習や、その他の家庭学習でも高学年の

成長がしっかり感じられる毎日です。

外遊びで毎日いろんな事件が起きて、帰ってきて楽しそうに話し続ける姿が

なによりです。




よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年5月5日水曜日

1947 受験勉強だけが勉強じゃありません


勉強について話をしていて、いつも話がかみ合わないなと思うことがあります。

勉強=受験勉強としか理解していない人がけっこうな数いるからです。


受験だけをとってみれば、時間的な制約もあるし、解法への最短経路を

進むのが一番いいのは明らかでしょう。

なんならその学校の入試問題を徹底的に洗い出して、予想問題を作って

その予想問題が一問でも出れば、本番ではかなりのアドバンテージになりますから

大量に予想問題をこなすなんてのが受験勉強になりがちです。

解法や答えへの最短経路を常に進むのが勉強だなんて、そんなことはとうてい

考えられません。

そもそもの経路をさぐることじたいが、勉強なんですから。

なんなら、勉強を積み重ねてきたその先に少し受験勉強をするくらいの意識なら

わからないでもありません。


数学、算数の勉強では顕著ですが、いくら解法や答えまでを暗記したところで

そこには理解もなければ、手探りでわからない問題に取り組む体験も

欠如してしまうので、到底勉強していることにはなりません。


小学生の最初の勉強の始め方は、どうやっていいのかわからない問題を

楽しく絵を描きながら、あーでもないこーでもないと試行錯誤を続けて

行くことです。だから楽しく続けられるんですよ。


いくらプレッシャーをかけて、大量の問題を暗記させて、正しい答えだけが

早くでるように訓練したところで、肝心の学習の楽しさがないので

長続きしないのが関の山です。



よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年4月28日水曜日

1946 失敗をしない学習の大失敗


前回学習の始め方の話をしました。

学習を始める時点で、失敗をしない学習をはじめてしまうと

それは大失敗のはじまりです。


失敗しないために一番簡単なのは、チャレンジしないことです。

知らないこと、新しいこと、応用問題、いずれもチャレンジしなければ

絶対に不正解になることはありませんから。

学習において、自分でいろいろチャレンジせずに失敗をしない経験ばかりを

積んでしまうスタートは最悪と言っていいと思います。

失敗できなくなる子を育てているんですよ。


学習が失敗してしまった後始末として、どうしようもなくなって、

ひたすら暗記と作業を繰り返すしかないということであれば、

どうしようもないのでその方法を進めていくしかありません。

中学生くらいがその境目ですかね。


いま学習をはじめるところであれば、試行錯誤しながら楽しんで学習を

進めていける方法をとるべきです。問題を前にして、さっぱりわからず、

手もつけられないときにどうやったらいいのか、がはっきり学習できます。


算数の問題を楽しみながら、絵を描いて、試行錯誤しながら

失敗は分からん帳にためていけばいいだけのことです。

小学生を通じて、すべての失敗が、わからん帳に蓄積する価値を

考えてみてください。その子の弱点はすべて集約しているわけです。


その場、その場で解法を暗記してそれを出力する作業して100点を

たくさんとっても、その子の弱点は一切わかりません。

ただ忘れてしまったら、不正解になるということだけです。

学習の始め方が本当に大事なものだってことは分かると思います。



よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年4月21日水曜日

1945 宿題をやっておけばOKにはなりません

小学校の宿題は本当に、音読、計算ドリル、漢字ドリルしかありません。

そういった宿題をいくら小学生の低学年から家庭で真面目にとりくんだところで

どこにもつながりません。


音読は、読んでいる対象の理解を示しているわけではなくて、単にその文字を

発声できるかどうかですし、計算ドリルは自分なりに工夫して計算するなら

ともかく、ただ作業を繰り返すなら、何も考えないことを促進するだけです。

漢字ドリルに至っては、なんのために書いているのかもわからず、

ただ文字を書き連ねても、本当に何の意味もありません。


宿題は間違った家庭学習の習慣をつけないためにも、

低学年でこそ親が子供の様子を見て吟味してやるのが

むしろ好ましいレベルのものです。


小学生を通じて、学校からどの程度の量の宿題がでるのかはありますが

質的にみればほぼ変わらない状態なので、

「家庭学習」の「質」をどのように担保するかは、重要なことです。


そして学習は分散・継続して続けていくことが大事なものなので、

小学校低学年での家庭学習でのはじめかたこそが、とても重要になるわけです。

それがこのブログで延々と書き連ねてきていることです。



よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

2021年4月14日水曜日

1944 トムとジェリー

テレビがないどんぐりKにもトムとジェリーはおなじみです。

スキー・スノボで遠出するときに、車の中でDVDを見たりしますが

小さいころからずっとトムとジェリーはヘビーローテーションです。

そこそこ本数はありますが、それこそ擦り切れるほど見ていて

どのストーリーでも場面を少し見たら、全部の話をすらすら語れるほどです。


ストーリーも追いかけっこで単純この上ないんですが、単純な繰り返しの

良さがここに凝縮しているようにも感じます。

これだけ好きだと、否応なく映画も見に行くわけですね。

映画『トムとジェリー』 2021年3月19日(金)全国公開!



実写とまざった感じで、親子ともどもの大ファンとして楽しみました。

もちろん言いたいこともたくさんありますが、トムとジェリーやおなじみの

キャラクターを大画面で見れるだけで、二人とも幸せなんですから、

それ以上は何も必要ありません。


それにしても親も小さいころにそれほど見た記憶もないんですが

なぜかトムとジェリーが大好きだったので、本当に不思議なものですね。

映画も本当に気兼ねなく気軽に見に行ける日が来てほしいものです。




よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村