まとめ

読み聞かせは2歳頃から楽しく毎晩継続 → 小2まで継続遊んでいるおもちゃはこちら
〔年中〕自由保育の幼稚園、プレーパークデビュー、キャンプ、スキーなど、外遊びたくさん
〔年長〕秋からどんぐり開始、環境設定(毎日外遊び、テレビ・読書・宿題制限、ゲーム厳禁、小言命令強制なし)
〔小1〕公立小学校、どんぐり本の読み聞かせ継続中、2017.6全小統2科目偏差値65  11月全小統2科目偏差値70オーバー
〔小2〕遊んでいるおもちゃどんぐり本の読み聞かせ継続中、読書、トップクラス国語3年生 2018.6全小統偏差値60 11全小統偏差値65
〔小3〕どんぐり、トップクラス国語4年生 2019.6全小統偏差値60 11全小統偏差値60

●小学生では絶対にやらない学習方法
 ・大量、反復、高速、徹底の学習(計算、漢字の書き取り、音読)← 感味力、読解力、思考力(視考力)育成に有害なので
 ・ならいごとをたくさん、毎日外遊びなし、週に1日のノー勉強デーなし ← 子供をおなか一杯にしない、自発的な工夫ややる気の芽をつまない
 ・英語、コンピュータ教育、先取り学習 ← 学年の国語、算数の深い学習、友達との外遊びだけでも全く時間がたりませんから

2020年4月17日金曜日

どんぐり相談に加えて、「どんぐりオンデマンド」をはじめます。


どんぐり相談をしていて感じるのは、そもそも何を相談していいかも

わからないって人が多い、つまり相談メールが送れないってことです。

メールでの学習相談にのります(4、5歳の方が最優先)

さて、どんぐり問題を解き始めて四年近くたって、 自分の子供でも、ある程度の成果はでているようです。

どんぐりを始めるにあたっても、「環境設定」なんて言葉から戸惑いと

困惑を感じてしまって、そもそも始められない、始めてもなにを

どうやっているのか、さっぱりわからないまま手探りで

進んでいるのか、いないのかなんて具合です。


そこで、どんぐりオンデマンドの登場です。

いかにどんぐりを進めていくかの道のりを示して、丁寧にガイドします。

メールもこちらから誘導しつつ、具体的にこういう提出物をだしていただきます

とアナウンスします。

その道のりと案内にしたがって、歩いていくと(実際にはメールのやり取りですが)

あらふしぎ、どんぐりが始められて、ある程度軌道に乗っているという具合です。


このどんぐりオンデマンドは、どんぐりをはじめる最初の三か月を対象にします。

三か月の間の歩き方は、もちろんご自分のペースで構いません。

あまりにペースが遅いようでしたら、少し声掛けするかもしれません。


もちろんすでにはじめているが、森の中に迷い込んでしまったという方も

同じく案内いたします。ある程度道のりやマップがあるので、やることや

気をつけることも明らかになるかと思います。


あと今回の特徴は、高学年向けを区別して、こちらでは子供本人からの相談も

親御さんもメールのCCには必ず入れますが、受け付けるということです。

もちろん三か月の範囲内では、いくらでも相談し放題です。

三か月以降で、いろいろ疑問があれば、それはどんぐり相談の方へということに

なりますね。

もちろん質問が明確な方は、最初からどんぐり相談へ申し込んでください



サービス:どんぐりオンデマンド

期間:申し込みから三か月
   (もちろん三か月間はメール出し放題ですし、回答も行います)

費用:2000円~(2000円以上で適正と思われる金額のアマゾンのギフト券を
kkatokt@gmail.com まで送付ください)

アマゾンを決済で使いたくない方は、Amazonギフト券をコンビニ等で購入し、
ギフト券番号をメールで伝えていただく方法でも構いません。



最初に断っておきますが、どんぐり相談と同じで、受付に限界があるので、
申込者数が増えると、費用は値上がりしますのでご容赦ください。
現時点では、A、Bの両コースとも同じ金額としておきます。
(もちろん申し込んだ時点の費用が、その人にとって変わることは
ありません)

ギフト券を送付後すぐに、
「ご自分の相談するメールアドレス」からkkatokt@gmail.comへ
以下のコース名を明記したメールを送付ください。

以降のメールではどんぐりオンデマンド AかBを必ずメールの件名に
つけてください。

どんぐりオンデマンドがはじまります。

道のり:
Aコース 4,5歳のお子さんを持つ親向け
     (最大で小学2年生まで)

Bコース 高学年のお子さんを持つ親向け
     (最大で小学6年生まで)


道のりのマップ:

Aコース

①子供の外遊び環境などのヒアリング
 提出:環境ヒアリングシート
②子供の習い事、学習状況などのヒアリング
 提出:学習カルテ
③5歳以前ならば、プレどんぐり(糸山先生のどんぐりにはない独自の取り組みです)
 提出:プレどんぐり、取り組みにあたっての疑問
④5歳以降なら、どんぐり(取り組む問題の相談、どんぐり問題の入手などから)
 提出:どんぐり、取り組みにあたっての疑問
    楽しく取り組める工夫を中心に
⑤以降、プレどんぐり、どんぐりが定着するまで
 提出:プレどんぐり、どんぐり、取り組みにあたっての疑問
    絵を描けるまでを中心に

Bコース

①頭の健康診断
 提出:健康診断結果
②高学年でどんぐりに取り組む目的の整理
 提出:夫婦での話し合いシート
③環境設定について
 提出:環境ヒアリングシート
④学習状況について
 提出:学習カルテ
⑤(必要に応じて)子供本人とのメール相談
 提出:子供本人からの質問事項、取り組みにあたっての疑問
⑥どんぐり(取り組む問題、学年を相談の上)
 提出:どんぐり、取り組みにあたっての疑問
    絵の取り組みを中心に
⑦以降、どんぐりが定着するまで
 提出:どんぐり、取り組みにあたっての疑問
    式の書き方を中心に


どんぐりオンデマンドで、不明点などあれば、コメント欄までお寄せください。


よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村

7 件のコメント:

  1. はじめまして。
    どんぐりオンデマンドについて質問です。
    今年各々7歳と5歳になるきょうだいの申し込みをしたいのですが、どのように申し込めばよいでしょうか?

    返信削除
  2. Aコースとしてお二人とも申し込んでいただければ大丈夫です。優先度に応じて、お一人ずつ見ていく形にはなりますが、三か月の期間の中であればお二人の対応を2000円~の中でさせていただきます。

    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. お忙しい中、返信ありがとうございます。
      メールさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

      削除
  3. はじめまして。
    最近、こちらのホームページを知りました。
    大変興味深い内容の記事が多く、色々勉強させてもらってます。

    あと2ヶ月ほどで、4歳になる子供がいるのですが、プレどんぐりに興味があります。こちらのオンデマンドは、3ヶ月コースという事ですが、やはり4歳になってから、申し込みをした方がいいですか?

    返信削除
    返信
    1. どんぐりは5歳になってからですし、それほどあわてることはないですよ。

      特に今はコロナで大変なときでもありますし、お子さんが毎日を
      ゆっくりじっくり丁寧にすごせて、外遊びを中心に楽しめるといいですね。

      あとは読み聞かせですかね。

      4歳になってから、あるいは4歳半くらいでも大丈夫です。

      削除
    2. お子さんのタイミングは上記のとおりですが、

      親の解くどんぐり問題も見ますので、その点が気になるようであれば
      4歳で申し込んでいただくといいのかもしれません。

      削除
    3. お返事ありがとうございます。
      では、もう少し経ってから申し込みさせて頂こうと思います。

      糸山先生も、5歳でどんぐり問題をスタートする前に、親が年長さんの問題を一通り解くようにとの事でしたので、そろそろどんぐり問題を購入しようと考えています。

      友人との外遊びをメインに、日々の読み聞かせを続けていきます。
      また、お世話になると思いますので、よろしくお願い致します。

      削除