まとめ

読み聞かせは2歳頃から楽しく毎晩継続 → 小2まで継続遊んでいるおもちゃはこちら
〔年中〕自由保育の幼稚園、プレーパークデビュー、キャンプ、スキーなど、外遊びたくさん
〔年長〕秋からどんぐり開始、環境設定(毎日外遊び、テレビ・読書・宿題制限、ゲーム厳禁、小言命令強制なし)
〔小1〕公立小学校、どんぐり本の読み聞かせ継続中、2017.6全小統2科目偏差値65  11月全小統2科目偏差値70オーバー
〔小2〕遊んでいるおもちゃどんぐり本の読み聞かせ継続中、読書、トップクラス国語3年生 2018.6全小統偏差値60 11全小統偏差値65
〔小3〕どんぐり、トップクラス国語4年生 2019.6全小統偏差値60 11全小統偏差値60

●小学生では絶対にやらない学習方法
 ・大量、反復、高速、徹底の学習(計算、漢字の書き取り、音読)← 感味力、読解力、思考力(視考力)育成に有害なので
 ・ならいごとをたくさん、毎日外遊びなし、週に1日のノー勉強デーなし ← 子供をおなか一杯にしない、自発的な工夫ややる気の芽をつまない
 ・英語、コンピュータ教育、先取り学習 ← 学年の国語、算数の深い学習、友達との外遊びだけでも全く時間がたりませんから

2020年2月23日日曜日

どんぐり相談を実際に受けている方の感想


メールで実際に相談を受けている方にインタビュー形式で

感想をうかがってみました。ご協力ありがとうございました。


実際の方の声って色々参考になるじゃないですか?

まぁこちらからインタビュー形式でメールの形で聞いているので、


もちろん忖度部分もあるかとは思いますが、

そこは読む方のほうでしっかり割り引いて読んでいただければと思います。

 ではさっそく、はじめてみましょう。

 ①お子さんは何名で、それぞれ男女と何歳でしょうか?
 それぞれのお子さんのどんぐり歴はいかがですか?

 子どもは3人で、12歳女(どんぐり歴1年9ヶ月)、

 7歳男(どんぐり歴1年9ヶ月)、5歳男(どんぐり歴6ヶ月)

②そもそもどうして、この「どんぐり相談」をしようと思いましたか?

 どんぐりを知って自分なりに始めてみたものの、

 やり方がよく分からなかったということと、
 知り合いからこのどんぐり相談をやっているのを聞いたからです。


 ③この「どんぐり相談」ではかなり厳しいことを言われそうというイメージが

   どうしてもありますが、なぜ長い間続けてこれたと思いますか?

 確かに厳しいことも言われますが、

それこそがこのどんぐり相談の最大の魅力だと思うからです。

 ④「どんぐり相談」をしてよかったことを教えてください

 「どんぐり相談」なので、どんぐりの分からなかったことが

分かるようになったのは 良かったと思います。
 (それが全てできているかどうかは別として)
 あとは、どんぐりと関係ないこともたくさん相談したり

質問したりして、そのやり取りを 通じて、
様々な視点を持てるようになり、
自分の人生をより楽しめるようになったことですかね。

 ⑤糸山先生にも直接教えていただいたことがあるかとおもいますが
 「どんぐり相談」との違いはなんだと思いますか?

 納得いくまでとことん相談(質問)できること。

 ⑥相談のレスポンス(回答が返ってくるスピード)についてはどう思いますか?

 レスポンスはこのうえなく早いと思います。
 あと、これは感覚ですが、緊急性がある相談の場合は

さらに早いような気がします。

 ⑦一言でいうと、「どんぐり相談」はなんでしょうか?

 新しい視点を容赦なくくれる。

 ⑧もっとこんなふうに相談に乗ってくれたら、なんていうことはありますか?

 最初の頃は、そんな直球じゃなくても、、、と思いました。

 ⑨「どんぐり相談」をしてみようか、あるいはしないほうがいいのか迷っている方に一言お願いします。

 迷っているなら今すぐ相談してみたらいいと思います。


もしかしたら相談を受けている方にはそれぞれのとらえかたなんていうのもあって
結構違う印象の方もいらっしゃるかもしれませんが、

おおむねこんな感じなんでしょうね。

それにしても「容赦なく」ですか、なんかまるで厳しいみたいじゃないですかね。


最後にあらためてお礼を、率直な感想をふくめ本当にありがとうございます。



メールでの学習相談にのります(4、5歳の方が最優先)

さて、どんぐり問題を解き始めて三年近くたって、 自分の子供でも、ある程度の成果はでているようです。


よろしければ、更新の励みになるのでランキングをクリックください。

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿